思えば大変な引越しでした。

電話帳で探して頼んだのは大手の運送業者さんでした。荷物の引き取り時間が大幅に遅れ、次の予定がまったくこなせず本当に困ったことを覚えています。それにしても電話の一本くらいあってもよさそうなものだと思って待っておりましたが、何もなく、コールセンターに確認してみても要領を得ず、大変困ったことを思い出します。

やっと到着し作業が終了した後、請求された引越しの費用は電話で聞いていたのと違っていました。
その旨を確認したところあっさりと元の安い値段に戻りました。ちょっといい加減な感じがしました。

確か三月末か四月初めの引っ越しシーズンでしたので、大混雑していたのだと思います。来て下さったスタッフの方も、どうやら繁忙期のみのアルバイトっぽい感じでした。丁寧で慣れてはいらっしゃいましたが、どことなく「社員さんじゃないんだろうなあ」という感じがしました。

最終的にずいぶん暗くなってからの作業になり、完了した時には心身ともにへとへとでした。その晩それからどうしたのか、もう一晩その部屋で過ごしたのか、トラックを見送ってから電車で移動したものか。まったく覚えていません。カンタン引っ越し、という話は聞きますが、いつでもどこでも誰にとっても、実際のところ引っ越しはやはり大事業だと思います。